FC2ブログ

記事一覧

私見 米朝首脳会談を見て

アメリカトランプ大統領と北鮮の最高指導者金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談が始まり、産経ニュースの速報によると、トランプ大統領は「誰もが予想したより良かった。文書に署名する」と述べました。その文章が6月12日午後3時現在(日本時間)ではどういうものかはわかりませんが、たとえ劇的な会見とは行かなくても、「トランプ大統領って、こう考えると凄い人だよな、トランプじゃないと実現しなかったやろうし。」という声やトランプ大統領や金正恩委員長が「同じ時間に、同じ場所にいて、話をした」という声が上がってきている現状を考えたらアメリカと北鮮両首脳の間で直接会談が行われたことは非常に意義のあるものだと感じました。
ただ気になる点は、北鮮の金正恩氏が本当の人物なのか、それが「影武者」ならば、金氏の意志は本当のものが疑問があり、また国内の選挙で与党共和党を有利にしたいというアメリカと、トランプ大統領に「体制維持」を約束させ、国家を維持させて韓国を籠絡して統一朝鮮国家を建国したいという北鮮の思惑があることを考えたら両首脳会談が両国家の「政治ショー」となることが否定できないと感じ、そのことを懸念せずにはいられません。
マスコミはマスコミで金正恩という、親族殺しを行い、粛清を平気で行う「人でなし」をスーパースターのごとく報じる姿勢に違和感を感じました。また北鮮が会見後署名した文書を否定する言動も行いうると感じました。
我が国は両首脳会談が成功してもそのことに嬉々とするのではなく、我が国と朝鮮半島の関係や拉致被害者のことを念頭に置きながら我が国は何ができるか、我が国の国益や国民の利益や財産を守る行動をしなければならないと感じました。
(mixiユーザーの声を参照しました)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tekamaru

Author:tekamaru
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ