FC2ブログ

記事一覧

新潟知事選で示した野党の「態度」

10日投開票された新潟県知事選で自民、公明両党が支持する前海上保安庁次長の花角英世氏が、野党5党など推薦の元県議、池田千賀子氏らを破り初当選しました。
この当選によって安倍政権の安定が保たれ、9月予定の安倍総理3選が確定されたといわれています。
一方で新潟県知事選で野党の候補者が敗北しましたが、これに対する野党の態度を見ると、立憲民主党の近藤昭一選対委員長は10日の談話で「森友、加計学園問題にみられる公文書改竄(かいざん)や虚偽答弁など、国民の不信感を増幅させた安倍晋三政権への批判の声は今回の投票でも示された」と語りました。
国民民主党の玉木雄一郎共同代表は11日の記者会見で「野党が結束すれば与党と互角に戦えることを示した」と分析し、共産党の志位和夫委員長は「50万を超える票を得て大健闘の結果となった」と総括するなど、野党共闘の「成功」をアピールする発言ばかりで、新潟県民の「心」に寄り添わないものばかりだと感じました。
モリカケ(森友加計)や安倍総理批判ばかり行うことに終止して、新潟県政を蔑ろにする野党の態度に新潟県民が「NO」という姿勢を示したのはやむを得ないことだと感じました。
ロイター配信 アングル:新潟知事選与党系勝利、自民内で高まる安倍3選機運
や産経配信 「安倍政権批判示された」「今後につながる財産」…野党、負け惜しみ?連発http://www.sankei.com/politics/news/180611/plt1806110039-n1.html
を参照・引用しました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tekamaru

Author:tekamaru
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ